【レビュー】女を忘れた年増の人妻を酔わせて寝取る『堅物な人妻を…1』ペンタクル

最初にまず言っておくと、この漫画、エロ漫画だけど挿入無し。何を言ってるか分からないかもしれないけども、エロ漫画だけどセックスしてない漫画。挿入は次回作へ持ち越したというか、1つの作品を無理に分割したような印象。

作品名:堅物な人妻を…1

作品を重ねる度にリアリティが増していく、人妻や母親の背徳的なストーリーをシリアスな展開で読ませるペンタクルの作品。今作は続き物になるんだけれども、1話にはセックスシーンが無いんだよね。

夫婦仲が冷めきって心が離れつつある夫婦、子供がいるから離婚しないだけの惰性で続ける関係。もちろん長い間セックスレスで、妻は生真面目でキツめの性格。ある日、唐突に夫から食事に誘われた妻。何を今さら……と思いながらも、少しの期待を込めて待ち合わせ。そこへ夫から急な電話、内容はドタキャンの連絡だった。待ちぼうけを食わされた妻は呆れてしまい、一人で帰ろうとするのだが、そこへ夫の会社の後輩、木村が誘いをかけて来る。一緒に食事するだけの予定が、目が覚めるとラブホテルのベッドの上。しかも全裸。ヤッちゃった……自分の軽率さを恥じる妻だったが、久しぶりの男女の営みに身体が反応してしまい逃げる事も出来ず……拒み切れず受け入れてしまう。

FANZA商品ページ

DLsite商品ページ

ストーリー

結婚当初は中の良かった夫婦も、時と共にその関係は冷えて行き……今では子供がいるからという理由で続けている家族。

そんなある日、とつぜん夫から食事に誘われた妻。関係は冷え切っているからと言って、情が無いわけでない。何をいまさらと思いながらも、少しの期待をもって待っていた。

しかし、そこへ夫は現れず、ドタキャンの電話。妻は失望を覚えながら、帰路に就く。

そこへ声をかけてきたのは夫と同じ会社で働いている、夫の後輩にあたる男、木村であった。

言葉巧みに誘われて、食事を共にすることになった妻。

しかし、気が付くとベッドの上。しかも裸。

まさか!? と向けた視線の先には、食事を共にした木村の姿。激しく楽しみましたよ……と。

まさか夫も子供もいるいい歳の大人が、他の男の前で前後不覚になるまで深酒するとは。自分の迂闊さを悔いるとともに、とにかくこの場を収めて帰ろうとする妻。

しかし、内緒にはするけども、記憶がないんじゃヤッた内に入らない。しっかりとセックスしましょうよ……と迫る木村。

妻はこれ以上の失態は避けたいところ、なんとか逃れようとする。しかし、久しく女を忘れていた身体は、木村の愛撫に反応してしまう。

いけない事と知りながらも、身体がオスを求めている。その事を自覚した妻は自己嫌悪に陥るのだが、それ以上にこれから行われる行為への興奮と期待が高まっていく。

意識では抵抗し、言葉で拒みながらも身体はされるがままに身をまかせ。

マンコを指で抉られて、絶頂と共に繋ぎ止めていた理性が弾け飛んだ。

ネットでの評価

この記事を書いている時点での評価(5が最高)

FANZA:0 out of 5 stars なし
DLsite:4.2 out of 5 stars 4.2

総評:エロいけど、ここで切るかw

いやぁ、リアルを感じるねぇ。女性も結婚してある程度の年を重ねると、図太くなるというか酔った勢いでお持ち帰りされても意外と冷静でいられるだろうね。ただこの作品、ストーリー展開的に夫が仕組んだのか!? と、思わなくもない。まあ、そこは今後の作品で明らかにされるのだろう。

身体はメスとして開発されていて、自分で気持ちよくなるセックスを知っているセックスレスの熟女が、こういうシチュエーションで他の男から真っ直ぐに迫られたら……久しぶりのオスの雰囲気にドキッとするだろうし、性的に興奮して身体が反応してしまうというのも想像できる。

絵はお世辞にも上手とは言えないが、十分に雰囲気を感じ取れる絵なので問題ない。ストーリーといい、妻の心情描写といい、セリフといい、とても良く書けているのだが……知り切れトンボなんだよ、この作品。

フルカラーとはいえ、この価格でこの切り方はアリなのか!? 漫画としては面白い、エロくて興奮もする。次作がとても楽しみではあるけども、売り方としてどうなのか。2話合わせて60ページ弱の予定かな!? しかも1話にはセックスシーンが無い。

そこだね、そこをどう捉えるかだと思う。

作品紹介:堅物な人妻を…1

【プレイ内容】
手マン
おっぱい揉み

【ストーリー】

結婚して10年も経てば、セックスレスは当たり前。
子供がいるため離婚に踏み出せない…

夫婦の仲は冷めきっている中、妻を夕食に誘う夫。

何を考えたかわからないまま、待ち合わせ場所で待っているが、夫が残業で約束をドタキャン。

そこに夫の後輩が現れる…

FANZA商品ページ

DLsite商品ページ

関連記事一覧