• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 【軽バン】軽自動車を移動オフィス(兼オナニー部屋)として使うのだ!!【秘密基地】

【軽バン】軽自動車を移動オフィス(兼オナニー部屋)として使うのだ!!【秘密基地】

子供に部屋を取られて自分の部屋が無い、貧乏が故に家の中で安心してオナニーできない住環境にある拙者が、仕事で使っている軽バンを自分のプライベートルームというか書斎というか、オフィスというか、要するにオナニー部屋にしようというこの企画。

前回の記事までは荷室を使って今どき流行の車中泊なんかが出来るような、そんな部屋にしようという事で取り組んでいたんだよね。

で、各窓の目隠しや荷室に敷くマットなんかは簡単だったんだけど、やっぱ寛ぐにはフロアチェアー的な座椅子だったり、PC用のテーブルだったりが必要になるわけで……それらがケッコウ嵩張るのよね。ならば、運転席を利用してオナニーできるようにすればいいんじゃね⁉ リクライニングシートが付いてんだし……

ということで手っ取り早く軽バンオナニー部屋を運用するために、運転席を利用してブログ更新作業などが仕事先でもできるような移動オフィス、そしてオナホレビュー執筆用にオナニーをするためのセンズリスタジオにしてしまおうという事に決定。さっそく必要なものをそろえていくことにした。

用意した物

まず最初にやるのは外出時でも移動先でブログ更新をできるよう、ネット環境とノートパソコンの運用。そのために必要と思ったものをアマゾンで調達した。

ノートーPC

まず最初に用意したのはLENOVO社製のThinkPad L450という中古パソコン。IBMの系譜を受け継ぐ正統派ビジネスノートだ。

たわみもなく、硬質なキーが打ちやすいキーボード。打ち応えもしっかりしていて、文字入力がやりやすい所が気に入ったんだよね。

CPUにインテルの第五世代Corei5 省電力モデルを搭載。メモリは8GB。ディスプレイのサイズは14インチ。モバイルノートとしては大きいサイズだけど、ブラウザと画像編集ソフトを同時に立ち上げる事が多いのでこのサイズを選択。

用途はほとんどがJPEG画像のリサイズやトリミング、ワードプレスの更新作業だけなので十分なスペック。MSのオフィスはグーグルのサービスを使えば無料で代用できるので購入せず。

福岡の中古パソコン屋、メディエイターというところで本体4万円弱。消費税と3年の長期保証を付けて46,000円くらいで購入した。

インターネット

インターネットはWiMAXのモバイルルーター。3年契約で、月額約3,000円。3日で10GBというデータ量の制限があるものの、まあ、普通にブログ更新だけだと超える事はないはず。

プロバイダはGMO、選んだ理由は月額利用料が最安だったから。キャッシュバックしてるプランなどもあるけれど、あれは月額利用料が高くなるからね。無利子で借りて、オプション料で返していくようになってるケースがほとんど。なので、特典は何も気にしなかった。

あと、1年契約のプランを選べるプロバイダもあったけど、その場合はルーター本体を買わなきゃいけない。しかも月額が高い。違約金とルーター購入代金、月額利用料の差額、比較して3年でルーター無料のプランを選択した。

自動車用インバーター

自動車のシガーソケットから電源を取り、100Vの電化製品を利用できるインバーター。中古のノートパソコンなので、バッテリーが弱っている可能性を考えて用意した物。200Wまでしか使えない2000円くらいの安物だけど、ノートパソコンの運用だけなら何の問題もない。

側面にUSBポートが4つ付いているので、スマホやタブレット、モバイルルーターへの充電や給電も可能。オンオフスイッチが付いているために、インバーターをいちいち外す必要がないのもグッド。ちなみに、USBはスイッチOFF時でも使用可能。

細かい所だけれど、今どきは英語と中国語の説明書が主流の中で、安物ながら日本語のマニュアルが付いているのが好印象。ちょっとした事だけどね。

車内テーブル

英語と中国語www

こういう安物は日本のメーカーが作らないからね、しょうがないと言えばしょうがない。

ハンドルに引っ掛けるだけとか様々な種類が発売されているけども、選んだのは横に引き出せるトレイが付いているタイプ。画像のトリミングをやるからね、どうしてもマウスを使いたかったってのがその理由。

収納バッグ

ノートパソコンやテーブル他、小物類をまとめて収納できるバックも用意した。普段はほら、仕事で車使ってるから出しっぱなしに出来ないのよ。

このバックには上と中ほどにベルトが付いていて、シートに巻き付ける事で固定できるタイプ。

シートの後ろは荷物を積むため、助手席前に来るようにバックを取り付けてみた。車内テーブル、ノートPC、マウスパッド、マウス、コード類、モバイルルーターが全てこの中に納まっている。仕事用の自動車なので、助手席に人を乗せる事を想定していないから出来る芸当だね。

ということで、コレが移動オフィスとしてやっていくために揃えた装備一式。ボロアパートを借りようかと悩んだりもしたのだけれど、圧倒的に安く済んだ。車って便利だ。

実際にセッティングしてみた

で、冒頭の写真。

テーブルは思っていたよりも、少し高い位置に付いた感じ。フックはハンドルの上に欠けるよりも、横に掛けたほうがシックリ来る。スライドトレイは、ドアと鑑賞するため全て引き出せないけれど、マウスパッドの面積は確保。問題なくマウス操作が可能なので良かった。

軽バンなのでやっぱ少し狭い感じはするものの、これくらいならストレスはほとんど感じない。

ただ、ハンドルが動くんだよね、なので少し安定感にかける。さらに言うと、やっぱPCが大きかったか……ACで電源取るからバッテリー外して軽量化するかなぁ……

そんななかで、コレは良いね!! と思ったのがPCとテーブルの下にチンポを扱くことが出来るオナニースペースを確保できたこと。中サイズのオナホなら干渉せずに使えそう。これは嬉しい誤算。

インバーターはダッシュボード下のスペースにイン。USBは側面についているので、この状態でも十分利用可能。

コンセントを使う場合は、助手席の上に引っ張り出す感じ。

とりあえず、これで車内でブログを更新する設備は整った。意外と安く済んだし、すんごく簡単だった。これで拙者もノマドワーカー!? なのかな。

PCとネットが使えるという事は、もちろんエロコンテンツにもアクセスし放題。運転席に座りながらエロネタ鑑賞、PC下にスペースも開いてるのでそのままの姿勢でオナホの運用も可能。となれば……あとは外部からの視線を遮断する目隠しを用意すれば、夢のオナニー部屋になるではないか!!

ということで、荷室のオナニー部屋化は少し置いといて、次回で運転席をオナニ―部屋として使ってみよう。

関連記事一覧