【レビュー】山雲『無題のドキュメント』デカチンでイキ果てるリアルな浮気妻もの

FANZAのサムネイルが人妻NTRってなってるんだけれども、コレ、どっからどう見てもビッチ妻の浮気モノなんだよね。優しい旦那がショックで泣いてしまうくらい、かなり後味の悪い人妻浮気モノなのでサムネのNTRに釣られた人は注意が必要。

作品名:無題のドキュメント

家庭で家族の画像ファイルを見ていると、そこに気になるフォルダーが……タイトルは無題のドキュメント。気になったので開いてみると、そこには裸で誰かと会話している妻の姿。まさか、浮気なのか……疑う夫。真実を知りたい、妻が他人とどんなセックスするのかという興味も手伝って寝室にカメラを仕掛けることにした。

そして、そこに移されていた光景は、夫にとって知るべきではなかった、いや、興味を持ったことすら後悔してしまうような、妻の痴態が映し出されていた。相手は妻が通うジムのトレーナー、この事実を知った夫は……果たして耐えられるのか。

FANZA商品ページ

ストーリー

家族の記録を保存字ているクラウド上に、見慣れぬフォルダがあった。無題のドキュメント……!?

そこに収められていたのは、妻が誰かに撮られた画像。しかも、裸などエロ画像じゃないか。

妻の浮気を疑い始めた夫、夫婦の営みでも間男の影を追ってしまう。浮気するとすぐにわかる女性もいると言うが、妻にその様子は見られない。

しかし、無題のドキュメントに収められていた画像に写っていた男の腕、心当たりがあるとすれば……ジムのトレーナー。

通い始めて三か月、まさか、早すぎる。実際、妻は押しに弱い性格らしく、学生時代から付き合っていた夫婦、しかし、妻は知らないうちに処女を喪失していた。

ありえなくも、ない。

事実を知りたい、そして、妻が他人に抱かれるとはどういうことなのか……寝室にカメラをセットして待つこと数日。ついに妻の浮気現場を捕らえることが出来た、相手はモチロン、ジムのトレーナー。

しかし、そこに収められていた妻の姿は、夫が知るソレとはあまりにもかけ離れていて……野獣のように激しく交わる交尾、妻が壊れてしまうのではないかと思うような残酷で容赦のないピストン。初めて目にした、身体を仰け反らせて絶頂する妻の姿。

なんてことだ……最愛の妻が、こんなセックスをするなんて。

やめてくれ、俺の妻をそんな風に犯すんじゃない。

見るんじゃなかった……最愛の人に裏切られ、心を引き裂かれ、苦悩する夫。

夫に気づかれた事も知らず、妻は今日も他人チンポで嬌声をあげてイキ果てる。ついには中出しまで許してしまうほどまで快楽に溺れ、メスであることの悦びを全身で表現する。

大丈夫よ、あの人鈍感だから……

ネットでの評価

このブログを書いている時点での星評価(5が最高)

FANZA:4.36

ネトラレというより不倫もの。
ハードな描写があり、また夫の心情も描かれているので感情移入しやすい。良作

かなりのクオリティだったと思います。
旦那さんの興味本位から絶望へ変わっていく様子が見ていて何とも苦しくなりました。
こういう作品がNTRに目覚めさせるきっかけになるのだと思います。
ただ、セックスが上手いだけの男に中出し許す奥さんにはモヤっとしたので星4で。

夫側の心理描写が殆どで行為のシーンは数ページ程度。
内容的にも感情移入はしにくかった。
クローゼットの期待値で見ると少しガッカリする。

総評:人を選ぶリアルな人妻不倫モノ

いや、ごめん、これはヌケなかった。というか、絵も上手いしストーリーを話を組み立てていく構成も、セックスシーンの構図も上手すぎて逆にリアルすぎた。その結果、夫のほうに感情移入してしまい、昂奮よりも胸が苦しくなった。

拙者は浮気肯定派だし、少し寝取られ性癖があって、妻の浮気話を根掘り葉掘り聞いて、そのまま興奮して妻をガンガンに犯したこともあるけれど、この不倫モノはちょっと辛かった。というのも、この人妻が夫を小バカにしているように感じるんだよね。

間男とセックス大好きなビッチ妻、夫を愛していると言いながらも、完全にバカにしているというか完全に見下しているよね。そこがどうにも胸クソ悪くて、エロ漫画として読めなかった。

確かにセックスシーンはエロい、めちゃめちゃエロい、そこだけ切り抜けばヌケる。けども、物語として読んでしまったら、それどころじゃなかった。この作品は人を選ぶね、漫画として完成度が高すぎることがあだになったような気がする。やっぱエロ漫画はご都合主義だったり、適度に抜けてないと……ね。

作品紹介:無題のドキュメント

まじめで優しい夫のカズとちょっぴり天然で明るい妻のみつきは、可愛い娘にも恵まれて幸せな家庭を築いていた。
ある日夫は、『無題のドキュメント』という簡素な題名のファイルを見つける。
そこには妻のあられもない姿の画像が並んでいた。
普段の妻からは考えられない姿に困惑する夫だったが、彼の取った行動は妻を問い詰めるでもなく、なんとその様子を隠し撮ることだった。
愛情か執着か、自問自答しながら取り付けられたカメラに映る妻の姿。
夫の知らない妻の姿が、自身の作ったもうひとつの『無題のドキュメント』に収められていく――

55ページ

FANZA商品ページ

関連記事一覧