【レビュー】あらくれ『妻とチャラ男が消えたNTRベッドルーム加筆版』シチュエーションでヌケる

あらくれといえば、人妻NTR同人漫画ジャンルの巨匠というか、人気作家のひとり。数ある作品の中でも、傑作というか名作というか、唯一、拙者の下半身を直撃したのがこの作品。夫が脅されて、ヤリチン上司と腰ぎんちゃくに自宅寝室でヤられちゃうお話。

作品名:妻とチャラ男が消えたNTRベッドルーム

あらくれといえば人妻NTR同人界では売れっ子というか、人気作家。そんなあらくれ作品の中で、拙者のチンポを熱くてくれたおススメ作品がコレ。

旦那をクビにするぞと脅されて、妻が旦那上司のチンポを寝室で受け入れるという寝取られ作品。自己犠牲NTRは、やっぱ王道だよね。

FANZA商品ページ

DLsite商品ページ

ストーリー

新居に引っ越してきて、初夜を迎えた夫婦。壁の薄いアパートからの引っ越しで、声を我慢せずにセックスを楽しんだ。

そんな幸せな日常を送っていた新居に、旦那が部長を招待するという。その部長というのが……チャラいヤリチンだったのだ。

旦那にワインを買いに行かせた部長は、旦那の不在をいいことにセクハラ三昧。

この部長は社長の息子で、かなり甘やかされているのだという。

抵抗する人妻へ、その立場を利用して体の関係を迫るのだった。

さらに、旦那に買って来いと命じたワインは、普通の酒屋で買えるようなものではないらしく……

旦那は探し続けて戻ってこれず、セクハラはエスカレートしていくのだが

流石に妻と他の男だけで家に居させるのは心配なので、無かったと報告に戻ってくる旦那。

ならば、奥さんいただいちゃうから……と、下ごころを隠そうともしない部長。さらに、そのツレが厳つくて、抗議の声も抑え込まれてしまう。

あいつ暴れん坊だから……ツレを指して言う部長。

暴力をちらつかせ、妻の抵抗を奪う。そして……

わたしは大丈夫だから心配しないでと、覚悟を決めた妻は部長と共に寝室へと消えていく。

せめて主人に見られたたくない……妻、最後の抵抗であった。

こんな無理やり、卑劣な手段で体の関係を迫る部長を軽蔑する妻。

しかし、夫とは別物、あまりにも逞しすぎるチンポで奥まで抉られると……

こうなっちゃうのでした。

この後、部長のツレにも、更にデカいチンポでむちゃくちゃに犯され

いつのまにやら拒んでいた人妻はすっかり堕とされ、部長のセックスフレンドに。

もちろんセックスは中出し、出来た子供は……旦那の子だそうです。

ネットでの評価

このブログを書いている時点での星評価(5が最高)

FANZA:4.65
DLsite:4.45

絵とシチュエーションで実用性は高いです。
暴力と権力で無理やりに●すというもので鬱々とした気分に浸れました。
しかし、堕とし方が唐突で、ヒロインの抵抗が見られず現実味を感じられなかったので星四つです。
現実的な状況で、かつどうしたって抵抗することは叶わないのだ、という絶望的な状況でのNTRであればさらにシコれました。

堕ちるの早すぎ・・・前後編に分けてもう少し時間をかけて 心 を堕として欲しい

私フリーで、良くはわかりませんが、本当にありそうで、なさそうなお話で…
だんなさんが、不憫で不憫で…下半身膨らみましたけどね(苦笑)

総評:夫の為に自らの体を投げ出す妻がエロい

やっぱ寝取られで一番燃えるのは自己犠牲だよね、夫や子供、家族、とにかく大切なものを守るために他人棒を受け入れる妻。

これが最高に燃える……あとは、抗いきれず心まで堕とされて自己嫌悪するシーンがあれば最高だった。

旦那の目の前で妻をかっさらって、しかも、妻から心配しないでなんて言われて……扉の向こうにデカチンでよがり狂う妻。このシチュエーション、ふっくらボリューミーな人妻、知的な眼鏡も良かったし、気が強いのも良かった。

ただ、自己嫌悪シーンがなかったのが残念。

他人棒で感じてしまったことに自己嫌悪して、継続して関係を持つことに抵抗する妻。そんな彼女を脅したりなだめたりしながら体の関係を強要し、じわじわと調教して、追い詰めて堕とす。その過程を描いて欲しかったなぁ。

まあ、今のままでも十分エロいんだけどね。

作品紹介:妻とチャラ男が消えたNTRベッドルーム

夫が家に連れ帰った上司はヤリチンのチャラ男だった。

妻は夫と家庭を守るため、上司と二人で寝室に入っていく。

しばらくして妻の堪えきれない声がリビングにまで響き渡ってくるのだった。

コミックマーケット91にて頒布した同人誌に
プロローグ編6ページ
後日談18ページ
加筆したものです。

総ページ数60

FANZA商品ページ

DLsite商品ページ

関連記事一覧