【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

先月までは売れる作品数が少なすぎて、トップ5が精いっぱいだったんだけれども、ついに、遂に!!トップ10で発表できるようになりました。1月は正月という事もあったし、緊急事態宣言なんかもあって、エロ本の需要も高かったのかな。

1月にこのブログを通じて実際に売れたFANZAの作品、タイトル数は147タイトル。その殆どがエロ同人漫画なんだけど、トップ1.2位は商業誌系の漫画だったね。

という事で、売れた作品トップ10の発表。

1位:45分で彼を届けて

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

今年最初、しかも初めてのトップ10で1位になったのはこの作品。

45分で彼を届けて/usa

発売は11月、新着情報でお知らせしてたんだけれども、レビューを書いたのが1月7日なんだよね。で、11月と12月はランクインしていなくて、1月に1位になった作品。もっと早くレビュー紹介しておけばよかったかもしんない。

内容は旦那が出張で欲求不満気味の奥様、一人でド派手なオナニーをして慰める日々。そこへやって来たピザの配達員がイケメンで、彼に手を出してもらおうと必死のアピールを続ける奥様。で、念願かなってクッソエロいドロドロセックスをしまくる……というお話し。

なんと言っても絵だね、セックスの描写が、チンポが、アヘ顔が、オッパイが、めちゃめちゃエロい。ストーリーはアッサリしてる。とりあえず絵を見て気に入れば買って損はない。

関連記事はコチラ↓

2位:橋田鎮 人妻熟女選

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

2位には橋田鎮(はしだ まこと)の単行本、トップ5圏内に入って来たのは初めてだけど、毎月コンスタントに売れてる作品なんだよね。

橋田鎮 人妻熟女選

息子をいじめる同級生に、子供が見ている目の前で輪姦されるという母親寝取られ作品の名作「ゆとり」を含む作品集てきな単行本。なんと発売されたのは2011年、10年近く売れ続けているロングセラー。

他に引き籠り息子とセックスで愛を親子愛を深める母子相姦もの、再婚した夫がインポで連れ子に犯されてしまう義母と息子の母子相姦といった漫画を収録。

関連記事はコチラ↓

3位: ご近所の人妻をデリヘルで見つけてしまったら

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

3位は先月2位にランクインしていた作品、不思議と人気のある作品なんだよね。

ご近所の人妻をデリヘルで見つけてしまったら/久遠広彦

同じマンションに住む美人奥さん、エレベーターで会ったときに挨拶する程度の付き合いなのだけど、デリヘルのサイトで偶然見つけてしまったことから物語が始まる。もちろん指名で読んで、サービスを受けた後にも関係を持って……という流れ。

この作品は、作者名での検索流入が非常に多い作品なんだよね。サイト内でも作者名での検索が多い。ハマる人はハマる、根強いファンがついてる作者なんだと思う。他の作品もレビューしてみようかな……

4位:妻を抱かせる夫達

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

10月の売上ランキングで2位だった作品がカムバック、肉感的な絵とネットリしたエロシーンが魅力の人妻寝取らせエロ漫画。

妻を抱かせる夫達/アルティエーヌ

妻の心理描写はほとんどなくて、夫に他人とセックスしてくれと頼まれた人妻がアッサリ了承し、淡々と他人とのセックスを楽しんで帰って来るという作品。質感のあるネットリとしたエロい絵、相手の男と人妻の他人行儀な敬語の会話。

けど、ヤッてるセックスは夫とのそれよりはるかに激しく、淫靡で……

「こんど旦那さんにもやってあげてください、きっと喜びますよ」

なんて言われながら肛門まで愛撫させられて、手慣れた男に求められるままセックスして夫では得られない快感に激しく絶頂する。派手さはないけど、その分、まるで本当に人妻の初他人棒セックスを覗き見ているような、リアルなエロスが臨場感たっぷりに描かれている。

5位:陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん。

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

12月21日にFANZAから配信開始となった作品、フリーハンド魂が描く同人漫画の続編にたる作品。

陰キャの甥がもっとヤリたい伯母さん。/フリーハンド魂

エロい伯母と肉体関係を持つことに成功した少年が、快楽堕ちさせるため必死で伯母を責め立てるお話し。大人の余裕で性欲を受け止めていた伯母が、いよいよ陥落。圧倒的な若さ、絶倫チンポに蹂躙される。

12月も少し売れていたし、前話にあたる「陰キャの甥がヤリたい伯母さん。」も合わせて売れていたので、発売直後に売れた分と前編を合わせれば1位だったろうね。

だらしない熟女の肉体を描かせたら一級品、明るくエロい、ベテラン人気同人作家の作品だけに安定感がハンパない。

関連記事はコチラ↓

6位:あこがれの叔母を寝取る

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

6位は安定の強さをみせるコチラ。10月は2位、11月に1位だった作品。長く売れてるのは、作者本人がセリフを改変したパロディ版を立て続けに発売した影響もあるだろうね。

あこがれの叔母を寝取る/ミルフ書房

この作品の魅力はなんといてもフルカラーで描かれた熟女の絵、質感まで伝わってくるような美しい美人熟女が若者チンポに蹂躙され屈服していく過程が、フルカラーの123ページという大ボリュームで丁寧に描き出されている。

幼い頃から憧れていた綺麗な叔母に性欲の全てをぶつける若いオス、絶倫チンポに蹂躙され醜態を晒してイキ果てる成熟したメス。エロいね、普通に。

関連記事はコチラ↓

7位:イイ夫婦

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

7位は11月の2位に「バレなきゃ続くオトナの情事」、12月の4位に「Birthday」がランクインした背徳系熟女エロ漫画の名手、overdoseの新作がランクイン。

イイ夫婦/overdose

高校から付き合っていた者どうしで結婚した夫婦、仕事のすれ違いから別居することになった二人。しかし、離れて暮らして見ると、互いに大切に思い合う者同士。二人は話し合い、別居1年が経過した結婚記念日を機によりを戻すことにするのだが……

結婚記念日当日、夫は仕事から手が離せず約束の時間に間に合わない。夫にすっぽかされた妻は、不満を抱えながら一人で飲んでいるところへ同僚のエロ教師が口説いてくる。

関係修復の機会をすっぽかされた旦那への失望感、男(夫)に抱かれたがってる身体、そこへアルコールを流し込み、聞き役に徹しながら優しく誘導し、最後に少し強く背中を押せばこうなる……もはや逃げられない。

しかもその男、夫よりも遥かに逞しいチンポの持ち主で……妻は経験したことのない快感で完全屈服。身も心も、デカチンに蹂躙され堕ちていく。

関連記事はコチラ↓

8位:ネトラセ〜妻のいちばん綺麗な日〜

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

8位はインポ夫が妻を元カレに抱かせるという寝取らせモノ、商業誌系のエロ漫画。

ネトラセ〜妻のいちばん綺麗な日〜/坂上海

エロ雑誌に掲載された商業誌のエロ漫画、なのでページ数が20ページくらいしかない。そこがとても残念なところだけど、久しぶりの浮気エッチに興奮して欲情する人妻の色気がとても良く描かれている作品。

妻から他人チンポの感想を聞く夫、そして、そんな夫を言葉で責め立てる妻。エロいねぇ、めっちゃエロい。

寝取らせだけど寝取られではないので、胸クソ展開はない。というか、この話は二人が愛し合ってるからこそ面白くてエロいんだよね。

関連記事はコチラ↓

9位:【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

スゴイねこの作品、現時点でもFANZA同人だけで64000本以上売れてる。ちょうど1年前に配信開始となった作品。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた/チンジャオ娘

職場で良く怒られる女上司というか、ちょっと怖いお局様的存在の女性社員と酔った勢いでやっちゃった若い社員。身体はめちゃめちゃエロくて、セフレに最高とばかりにヤリまくっているうちに身も心もハマっていく。

てか、このお局社員の女子力が高すぎて、本気で年上女房が欲しくなる。そんな作品。

10位:シングルマザーの母が再婚するそうです

【FANZA】2021年1月に売れた同人・商業誌エロ漫画、売れ筋人気TOP10

ちょっと意外な作品がランクイン、拙者がこの作者の絵が好きでケッコウ推してるからかなぁ。

シングルマザーの母が再婚するそうです/ファルコン115

かなり意外なのが来た、現時点で300本も売れてないし評価もそれほど高くない作品なんだけど……ただ、拙者がファルコン115の描く絵が好きで推し気味にしてるのは事実だけど。前作のキャンプ場でガキと3Pする漫画がアフィリエイト対象外になっていたので、レビューを書いてなかったんだよね。で、新作のコッチを書いたら意外と売れていてビックリ。

この人が書く人妻って、独特の魅力があるんだよ。高身長でロングヘアー、さらにデカパイグラマーという人妻に属性が合えば買っても損はないんじゃないはず。

いやいや、まず最初の目標だったトップ10が出来たね。次はもっと、部門別とかもできるくらい売れたらいいなぁ。

最近はサイドビジネスで同人を漫画を書こう見たいな流れが出来ていて、いろんな人たちが作家として参入してきている。そんな人たちが、シッカリと労力に見合った売り上げを確保して定着してくれれば、拙者のズリネタも充実していくわけで……売れなきゃ辞めちゃうもんねぇ。

というわけで、来月もまだ見ぬ名作を求め、レビュー書きますよっと。

関連記事一覧